カスタムフィールドのメアドを引き出してMW WP Formの送信先にするヤツ

MW WP Formの送信先に{hoge}が使えないのを知らなかった情弱が頑張って実装したお話
カスタムフィールドにメルアド入れるところを作って、引数付けてフォームに飛ぶボタンを設置

<a href="<?php echo home_url(); ?>/entry/?post_id=<?php echo $post->ID ?>">ボタン</a>

フォームの設定でURL引数を有効にしてから下記をfunctions.phpに入れます。

<?php
function my_mail( $Mail, $values, $Data ) {
    //URL引数をもとにpost_idを取得
    $shop_page_post_id = $_GET['post_id'];
    //post_idをもとに記事の情報を取得
    $shop_page_post = get_post( $shop_page_post_id );
    //post_idをもとに記事のカスタムフィールドに登録されたメールアドレスを取得
    $shop_email = get_post_meta($shop_page_post->ID, 'mail', true);
    // 送信先を変更
    $Mail->to = $shop_email;
    // 送信元を変更
    $Mail->from = '「送信元のメルアド」';
    // 送信者を変更
    $Mail->sender = '「送信者名」';
    // 件名を変更
    $Mail->subject = '「件名」';
    return $Mail;
}
add_filter( 'mwform_admin_mail_mw-wp-form-XXX', 'my_mail', 10, 3 );
?>

大体こんな感じだったはず。
「mwform_admin_mail_mw-wp-form-XXX」のXXXにはフォーム識別子コードのkeyの数字を入れてね☆彡
管理者宛メール設定に何か入っててもこっちが優先される模様。
一応こっちから本文も弄れるけどクッソめんどくさそうだったので本文だけは管理画面任せに。

クライアント「MW WP Formじゃうごかねーよクソが」
ワイ「諦めてContact Form 7を使うか」コードカキー
クライアント「確認画面と完了画面付けろや」
ワイ「確認画面のプラグイン死んでんよ~」
クライアント「完了画面に飛ぶコードも息してないんですがそれは」
ワイ「八方塞がりや」
クライアント「はよ」
ワイ「」
ワイ、ネットを彷徨う
神「これで動くんじゃね?」
ワイ「なんとかなったわ」

こんなのを今週二回もやらされてマジクソ
最近は仕事と引っ越しとイカとモンハンとパズドラとHearthstoneで忙しいです。